ページの先頭です

独立開業・会社設立で知っておきたい融資の話

ITの進化は、小さなオフィスでグローバルなビジネス展開を可能にしました。
その結果、21世紀に入って大小様々なベンチャー企業が誕生し、社会経済は新しい方向に発展している側面が認められます。
その背景には、志を持った多くの起業家の存在があり、努力の末に独立を果たして成功したというビジネスモデルがあります。
組織から独立し、会社を興してビジネスを始めるとき、現実問題となるのは開業資金ですが、その準備のための融資については、ある程度の専門的な知識が必須です。
事業経営は、設立や開業だけで終わるものではありません。
「何とかなるさ」という読みの甘さは、経営破綻に直結します。
設立後の経理や税務処理は、いわば企業の屋台骨に当たる重要な部分であると認識することが、企業存続の何よりの基盤となるのです。

創業融資を受ける際には担保・保証人が不可欠だと思っている人もいますが、中には無担保・無保証人で借りられる創業融資制度もあります。政策金融公庫が用意している新創業融資制度が有名です。

個人事業を開業するにあたって融資を受けるケースは多いでしょう。自己資金だけ開業できることばかりではありません。メリットもあればデメリットもあるので十分検討したいです。

国民生活金融公庫は特に中小企業にとって融資を受けやすく、メリットも多くありますが注意も必要です。お金を借りるためには、しっかりした経営プランを立てることが大事です。

設立数が多い飲食店は廃業率も高く、川崎など飲食店が多い場所で勝ち残っていくことが非常に困難です。軌道にのるまでの運転資金が必要ですが、準備が困難な場青は融資制度を利用しましょう。

川崎などはサロンの数が非常に多く、競合も多いので力を入れて対策をしなければいけません。サロンを設立して安定するまでは、創業融資制度を賢く活用することをおすすめします。

自己資金で会社設立をすると、融資の審査ではその分が評価の対象にならないため、融資可能な金額が減ります。会社設立の前で最も自己資金額が多い時に融資申請を行いましょう。

フランチャイズで独立や開業する際に資金調達が必要になります。融資は資金調達を行う際のひとつの方法です。資金調達が十分でない場合は、融資を受けることができない場合があります。

建設業を開業するには、財政的基盤が必要です。自己資本で企業の安全性をみるためには重要な目安になります。財政的基盤がしっかりしていなければ融資を受けることができません。

0120-987-382

0120-987-382

お客様の声

経営革新等支援機関

運営会社案内

サイトメニュー