お役立ちコラム

会社設立時における無担保の融資

会社設立資金調達

  • 会社設立
  • 個人事業主
  • 法人なり
  • 融資

会社設立時に利用したい融資

会社を設立するというのは、ある意味では非常に大きな冒険です。
成功するか失敗するかは分かりませんが、自分の夢を実現させるために、会社を作りたいと願っている人はたくさんいます。
その際にまず必要で最大の気がかりである資金については、様々な金融機関が創業支援のための融資サービスを提供しています。
一般的に、資金を借りる際には担保または保証人が必要になるケースが多いのですが、会社設立時などの創業融資の中には、無担保・無保証人でもOKというものがあります。
例えば政策金融公庫が行っている「新創業融資制度」は、無担保・無保証人でも申し込み可能です。
いくつかの条件を満たすことは必要ですが、創業者にとっては非常に心強い融資制度だといえます。
独立して会社設立を考えた場合、想定している事業規模によっては自己資金では足りないというケースもあるものです。
そんなときに、担保や保証人を必要としない融資はありがたい存在となるでしょう。

会社設立時における無担保の融資

会社を設立する際、個人事業主として開業をする際などに活用できる新創業融資制度は、創業に限定した融資なので、事業を開始してから一定期間が経過している場合は適用されません。
この制度で借りられる金額は最大3,000万円、運転資金1,500万円となっています。
新創業融資制度は特例措置なので、政策金融公庫が用意している16ほどのサービスを利用する際に適用可能です。
どれだけ素晴らしいビジネスモデルがあったとしても、事業が成功するかどうかは分かりません。
そして初めは軌道に乗っていたとしても、いつか転げ落ちる可能性もあるので、様々なリスクを最小限にするためにも、できるだけ無担保・無保証人の融資の利用が望ましいかもしれません。
政策金融公庫の新創業融資制度(無担保・無保証人)に類似した他の制度についても調べ、最大限に活用して事業を軌道に乗せる努力は、起業を控えたあらゆる人が取るべき行動です。

会社設立や融資について、お困りごとがあればお気軽にお問い合わせください。

<受付時間> 9時〜18時(日・祝除く)

川崎区役所16階無料相談・無料お見積り

※手数料実質0円のプランは毎月5社限定です。
会社設立をご検討の方はお早めにご連絡お願いいたします。