お役立ちコラム

会社設立時に融資を受ける前にどのくらい自己資金をもっていたほうがいい?

会社設立資金調達

  • 会社設立
  • 個人事業主
  • 法人なり
  • 融資

融資申請はいつすべきか

これから会社設立を考えている人は、融資の申請と自己資金が必要になります。
会社設立をする際、自己資金を調達した後に融資申請を行うべきか、融資申請をした後に自己資金を調達すべきかについては、迷う人が多いようです。
融資申請は、個人でも法人でも可能ですが、融資申請の審査では自己資金額が重要視されます。
自己資金を調達した後に融資申請を行うと、借りられる金額が上がります。
注意しなければいけない点は、融資申請は会社設立をする前に行うということです。
自己資金で会社を立ち上げた後では、融資の審査で評価対象にならないため、自己資金から会社設立にかかった費用を引いた残りの金額が自己資金額となります。
自己資金評価額を下げないために、会社設立の前で最も自己資金額が多い時に融資申請を行いましょう。

自己資金はどのくらい用意すべきか

自己資金を用意する際に、融資額がどれくらい必要かを検討しましょう。
ほとんどの場合、自己資金は事業全体で必要になる資金の半分、最低でも3分の1は確保しておかねばなりません。
神奈川県内の市街地での飲食業や不動産業の場合、初期投資が必要なため、500万~1,000万円程度、それ以外の業種では300万円程度用意するのが理想的です。
自己資金は、その時だけ誰かから借りてきたお金のような「見せ金」では意味がありません。
融資申請の際に、過去半年間の通帳の流れが確認され、会社設立のために資金を蓄えてきた事実があるかどうかを判断します。
また、過去2、3年の源泉徴収票をもとに収入が確認されます。
収入が低いにも関わらず自己資金が多いような場合は、その理由を問われます。
例えば、自己資金を少ししか用意できない人は、両親からの贈与を受け取る方法がありますが、この場合は自己資金として認められます。
特別な事情によって、自己資金を用意する前に会社設立をせざるを得ない人は、合同会社を設立しましょう。
株式会社は20万円かかりますが、合同会社は6万円で設立ができるため、自己負担を最小限に抑えることができます。

会社設立や融資について、お困りごとがあればお気軽にお問い合わせください。

<受付時間> 9時〜18時(日・祝除く)

川崎区役所16階無料相談・無料お見積り

※手数料実質0円のプランは毎月5社限定です。
会社設立をご検討の方はお早めにご連絡お願いいたします。