お役立ちコラム

フランチャイズで独立・開業する時の資金調達について

会社設立後資金調達

  • 会社設立
  • 個人事業主
  • 法人なり
  • 融資

フランチャイズは失敗のリスクが少ない

都市部では、飲食店、美容サロン、不動産など様々な業種が事業展開していますが、中には資金が底をつき、店舗閉鎖や撤退、倒産に至る例も少なくありません。
融資や自己資金で開業できたとしても、運転資金が足りなければ遠からず事業は潰れてしまいます。
開業は誰にでもできますが、安定経営を続けていくことはそうたやすくありません。
開業したいけれど、経営破綻が不安だという人には、フランチャイズ加盟という方法があります。
フランチャイズであれば、普通に起業するよりも失敗のリスクを大幅に減らすことができます。
例えば、既にある商品やサービスの中から売れている商品を扱うことで利益が見込めることや、利益を出すためのアドバイスやサポートを受けることができる、広告規模が大きいなどです。
またブランドとしての知名度も高いため、失敗するリスクが少ないといえます。
実際に、フランチャイズ加盟によって独立や開業している人は全国にもたくさんいます。

資金調達の方法

フランチャイズで独立開業する際にも、資金調達は必要になります。
融資は資金調達を行う際のひとつの方法で、担保や保証人を必要とせず、店舗が未完成の場合でも申請を進めることが可能です。
しかし、フランチャイズ加盟をするからといって、誰でも融資を簡単に受けることができるというわけではありません。
経営者としての資質や自己資金などの資金調達がきちんと行われているかどうかが、融資申請の評価対象になります。
資金調達が十分でないと融資を受けられない場合があるため、自己資金の用意は事前に行わなければいけません。
資金調達の方法は様々ありますが、補助金や助成金も方法のひとつです。
受給資格者創業支援助成金をはじめ、他にも自治体での助成事業、支援センターなどでは、創業支援のための制度をいろいろ用意しています。
フランチャイズへの加盟を助成対象に含むものを探し、できるだけ活用しましょう。
助成金や補助金は、融資とは違って返済不要です。
フランチャイズによる独立や開業を考えている人は、助成金や補助金を資金調達のひとつの方法として活用してください。

会社設立や融資について、お困りごとがあればお気軽にお問い合わせください。

<受付時間> 9時〜18時(日・祝除く)

川崎区役所16階無料相談・無料お見積り

※手数料実質0円のプランは毎月5社限定です。
会社設立をご検討の方はお早めにご連絡お願いいたします。