お役立ちコラム

川崎での飲食店設立に必要な融資を受けるには

資金調達

  • 融資

店舗数が多い飲食店は廃業率も高い

飲食店は全業種の中でも設立数が多い業種で、毎年多くの店舗が開業しています。
飲食店の設立が多い理由は、人気の職種であるほかに、特別な資格が不要であるため気軽に挑戦できることも挙げられます。
しかし、設立数が多いだけに、飲食店は廃業率も高い業種です。
味もサービスも問題なく思えた飲食店でも、数年で閉店してしまうことはよくあります。
最大の原因としては、やはり資金の問題が大きく関わっているようです。
ギリギリの自己資金で設立すると、いずれ経営が厳しくなるのは当然の結果でしょう。
そこで、飲食店を設立する際には、創業融資や資金繰りが重要なポイントとなってきます。
たとえば、飲食店数が多い神奈川県の川崎などで生き残り続けるには、融資などによる資金調達のしくみや方法について、できるだけ詳しく知っておくことが重要なのです。

創業融資による資金調達とは

飲食店の経営者には、開業直後から売り上げが上がるので先のことは考えない、という人が多くいます。
しかし、開業してから安定した売り上げを獲得し、本来の意味で経営が軌道にのるまでには、通常は半年以上かかると言われています。
そこで経営が安定するまで、最低でも4ヶ月~半年くらいの間については、十分な運転資金を準備しておくと安心です。
自己資金だけで半年間の運転資金が準備できない場合は、融資制度を利用しましょう。
飲食店の開業時に受けられる融資制度には、新創業融資制度、中小企業経営強力化資金、保証協会融資などがあります。
融資制度が利用できれば運転資金の3ヶ月分ほどが確保でき、自己資金の節約につながります。
それぞれの融資制度にはメリット、デメリットがあるので、最もふさわしいものを慎重に検討しなくてはなりません。
また、過去に破産や消費者金融利用の有無、税金滞納の有無、自分で100万円以上稼いだことがあるかといったことについて審査があります。
ただ、難しい審査ではないので、比較的誰でも融資を受けることができます。
飲食店の開業に際しては、設立前に融資制度について専門家に相談することをおすすめします。
東京や川崎など、開業する地域の専門家に相談しましょう。

会社設立や融資について、お困りごとがあればお気軽にお問い合わせください。

<受付時間> 9時〜18時(日・祝除く)

川崎区役所16階無料相談・無料お見積り

※手数料実質0円のプランは毎月5社限定です。
会社設立をご検討の方はお早めにご連絡お願いいたします。